中津川林道_’19-8-12

今回の旅のメイン舞台は長野県南佐久郡川上村と埼玉県秩父市にまたがる林道だ。
まず初めに東山林道へ向かう。この林道はR254側からいくつかの接続林道があり
今回は所沢林道を使う。入口→ 地理院地図 googlemap
登りきると東山林道と接続、東進する。路面はフラットで走りやすい。
やがて県93へ出て西進し田口十石峠線へ入る。入口→ 地理院地図 googlemap
ここは近年全線開通したばかりとあって広くフラットで走りやすい。

県108に出た後も板石山方面に道は続き(ここを入る)、途中で灰立沢線につなぎR299に出る。
(この辺りの詳細はネットにて地図を確認頂きたい)
お次は茂来線。入口→ 地理院地図 googlemap
前半はフラットで走りやすい。

途中の展望箇所

後半は徐々に雑草がうるさくなり見通しが効かずストレスがたまる。茂来線を退出し本日のメイン中津川林道へ向かう。
この林道は長らく災害復旧工事が続き、つい最近やっと解放されたばかり。

ちなみに今回は2回目の来訪だ。(初回は東京に居た12年前にビグスクで走破w)
追記:翌日、”林道のその先に“のトリKさんも走破されました。

三国峠を越え埼玉側に入るとやや荒れの下りが続くが、下りきるとフラットで走りやすい路面が続く。

中津川沿いに涼しくて気持ちの良い道が続く。

ダート終点でUターンし三国峠へ戻る。

お次は川上牧丘線へ。峠付近のガレ具合は相変わらず、巨体だとバランス取りに苦しむ。
大弛峠に到着。

ここでUターンし帰路に着いたが、川上村付近で夕立にやられずぶ濡れ状態でぶどう峠を越えた(T_T)

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました